こんにちは!

あっぱれ協会の藤倉健太です。

突然ですが、腰痛に悩んでいませんか?

もしくは、周りに腰痛に悩んでいる人はいませんか?

巷では
『腰痛の原因は〇〇だ!』とか
『〇〇をすれば腰痛は改善する?』とか


いろいろ言われていますが、それで治りましたか?

きっと治らなくて悩んでいてこの記事を読んでいるのではないでしょうか?

そうなんです!

『〇〇だけ!』とか

腰痛はそんなに簡単なモノではないんです
(残念なお知らせですが…)

腰痛の原因のうち15%は、

圧迫骨折脊柱管狭窄症分離症・すべり症といった原因が挙げられます

ただ、残りの85%は、

なんと原因不明なんです!

けっこう衝撃的ですよね。ただ、これには理由があって、

医師はレントゲンなどによって診断を下します。

そのレントゲンは主に骨が映りますが、
筋肉や神経などはレントゲンに映らないということです。

つまり、筋肉や神経、血流などに腰痛の原因がある場合は、
診断が難しいということです!

なので言い換えれば、85%は骨以外に原因があるということです!

では、どこをどうすれば良くなるのでしょうか?

原因となる部位は本当にいろいろあります。

腰に原因がないことも多いです。

例えば、肩甲骨の動きが悪くて腰痛になったり、
お尻の筋肉が凝り固まって腰痛になったり、
座りすぎが原因だったり…


他にも本当にいろいろとあります。

そんないろいろな原因の中でも腰痛を解消するのに共通していることは、

『身体をいろいろな方向に動かすこと。』

よく、

前屈をすれば腰痛が治るとか、肩を回せば治るとか、うつ伏せになったら治るとか…

〇〇をすれば!

というような話をよく聞きますが、
それで治る人は一部です!
(原因と解決法が一致すれば治ります)

実際、なかなか自分の腰痛の原因を特定するのは難しいのが現状だと思います。

そんな時はとにかく身体をいろいろな方向に動かすこと!


これに尽きます!

具体的に言うと、身体を

  • 前後に動かすこと
  • 左右に動かすこと
  • 捻るように動かすこと

この3つです!

この

前後・左右(横)・捻る(回旋)

の3種類の動きを肩や腰、股関節など各部位で行うことによって腰痛は改善します!

言い換えると、1つの動きに偏っていると腰痛の原因になるということです!

腰痛や腰に違和感を覚えた時は

同じ姿勢や動きを続けていないか

と考えてみて、その他の動きを取り入れることで改善が見込まれます!

今回は腰痛についてお話をしましたが、この考え方はいろいろなことに当てはまるので覚えておいて損はありません^ ^

ぜひ、いろいろな方向に身体を動かして痛みのない身体を手に入れましょう♪

では、今日はこの辺で(^^)♪

筆者:藤倉健太について

あっぱれ協会シニアレク インストラクター認定講座について