みなさんこんにちは!

Mediness FITの安野勇太です!

今日は私、安野の身体への愛について今までの経験と共に語っていきます。

幼少・思春期時代の体系

安野の幼少時代は以前からブログをご覧になってくれている方はご存知の通り、スーパーおデブちゃんでした。

思春期時代には体重が100㎏を超え、肥満街道をまっしぐらに向かってひた走って行きます。

このままではまずいという危機感からダイエットに取り組むようになって、体系をコントロールし、(詳しくは過去の記事をご覧になってください)

また、身体をコントロールする中で、

『姿勢』『腸内環境』『体温』『食事』『運動』『呼吸』…

身体に関わるありとあらゆることが精神面や一見関係ないようなそのほかの体質面に大きく関係していることを知りました。

人間誰しも、思ったようにいかないことがあります。

そんなときにはなんとか気持ちを前向きにしたくても、八方塞がり。もう諦めてしまおうかと感じることだってあります。

ただ、試練にぶつかってもうダメだと思っていたことも、いつもあとから振り返ればなんてことはなかったということに気づくもの。

結果は行動に左右されます。

人間の行動は気分に左右されます。

気分は身体のコンディションに左右されます。

コンディションは習慣に左右されます。

もうダメだと思いそうなとき、身体で、混んでを、気分を、行動をコントロールすることができたなら、

八方塞がりだったと思っていた世界に一筋の光が差し込み、道が開けることを知っています。

だからこそ、多くの人に知ってもらいたい。

身体をコントロールする方法を知ってもらいたい。

身体でコントロールできることを知ってもらいたい。

それを伝え、多くの人と共に豊かになることが今の私の夢ひとつです。

これからも精進して行きます。

お気軽に各種SNS・メールからご相談ください^ ^

以上、Mediness FITの安野勇太でした!