みなさんこんにちは!
今日は腸内環境と心身のコンディションについて思うことをみなさんにお伝えしていきますね!

最近腸活をサボっていたのでなんとも気分が優れなく、昨日から再開したのですが、やはり腸内の正常化は気分に直接影響すると実感しています。

以前の記事でも何度かお伝えしていますが、腸からは脳内でも作用する内分泌物質『セロトニン』が産生されます。
セロトニンはうつ病や気分障害にも大きく関与する脳内伝達物質として働き、また脳以外(血液凝固や腸管の運動)にも作用する為、気分以外の健康状態の維持・向上にもセロトニンは欠かせません。

腸管で生成されたセロトニンは、血液脳関門(脳に必要のない異物が入り込まないように存在している壁)によって脳外の血液から入り込めませんが、身体に必要なセロトニンが足りていないと、脳でセロトニンを生成する力や材料を身体で使おうとしてしまうので脳内のセロトニンが足りなくなってしまいます。

飽和脂肪酸トランス脂肪酸保存料などの食品添加物の過剰摂取、食物繊維や水分の摂取不足なが原因で腸内環境が悪くなると腸管からのセロトニンの産生量が少なくなります。
排便をスムーズにして腸内環境を正常化することは気分や健康状態にとってメリットがたくさんあるのです!

ちなみに筆者の安野が腸内を整える為の特効薬は『めかぶ』『納豆』
めかぶのねばねばの元になっている『フコイダン』という水溶性食物繊維、納豆に含まれる『納豆菌』が腸内環境を即効で改善してくれることもあります。

少しお腹の調子が良くない・最近ストレスが溜まっているように感じるという方は一度試してみてください。

関連記事:ボディメイクを進めるための食事の基本

関連記事:黒酢の健康効果!ボディメイクにもお通じにも効果的!

これは安野の持論ですが、
『身体を整えないとメンタルにくる』と考えるよりも、
『メンタルの調子をみることで(腸を含めた)身体の今の状態を知ることができる』
と考えると、少し落ち込んだ気分を、ポジティブに・客観的に受け入れて対処することができるようになります。

普段から食事の内容や習慣に気を配るとともに、今の自分の感情から身体の状態を把握して健康に気を配るようにするとより人生を豊かにできるかもしれません^ ^!

以上リカバディトレーナーの安野勇太でした!