はいこんにちは。安野勇太です。

今回は元気を出したい。自信をつけて仕事・恋愛をうまくいかせたい方の為に、テストステロンとセルフイメージを高める習慣をご紹介していきます。

以下は先日のツイート。

セルフイメージに関係が深い『テストステロン』

今日はテストステロンを高める為の『癒し系食品』について解説していきます。

テストステロンの作用についての詳しい解説とまとめの記事はこちら>>

テストステロンを高める食品

テストステロンを高める食品というとみなさんはどんなイメージを持ちますか?

有名なところでいうと、精子の原料である『亜鉛』や『タンパク質』を多く含む

肉類(特に牛肉)や牡蠣などがあります。

ただ、その辺りは他のサイトでも書いている超基本事項なので、別の機会に解説します。

今回の記事では、意外にもテストステロンの産生量に関連が深い抗酸化物質について書いていきます。

抗酸化物質とテストステロン

抗酸化物質は心身にストレスがかかった時に産生させる活性酸素を除去する物質です。

ビタミンCやE、ポリフェノールのような抗酸化物質を摂取するストレスホルモン、コルチゾールの分泌が抑えられます。

コルチゾールの分泌量が増えると

  • 血糖値を上昇させる
  • 血圧を上昇させる
  • 腹部に脂肪を蓄える

といった健康にとってはあまりよろしくない働きをするのですが、

コルチゾールはテストステロンの産生を抑える働きもあるので、分泌を抑えると結果的にテストステロンの分泌を高められます。

テストステロンの分泌が増えると心身の活動性が高まります。かつテストステロンはコルチゾールの分泌を減らす作用も持ちます。

ストレスを抑えることができるとテストステロンの産生に良いサイクルが回りはじめます。

ということで抗酸化物質を摂ろう!

抗酸化作用のある物質の代表格は

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • 各種のファイトケミカル(野菜に含まれるポリフェノールやカロテノイドなどの成分)

この辺りを中心に考えると良いです。

具体的な食品の例をあげると…

  • トマト(ビタミンC・リコピン)
  • ブロッコリー(ビタミンC・βカロテン)
  • くるみやアーモンド・ゴマなどのナッツ類(ビタミンE・ポリフェノール)
  • ブルーベリー(アントシアニン)

このあたりが抗酸化作用が特に強い食品の例。抗酸化物質はストレスに対処し、かつセルフイメージと集中力・健康を高めます。

今回ご紹介した以外にもサプリメントや緑黄色野菜を中心にこまめに摂るようにすると、毎日を気分良く過ごして活力を高めていくことに繋がります。

まとめ

活力の高い毎日に為に、テストステロンの分泌はとにかく大切。

筆者の安野自信、毎日の生活習慣でテストステロンを意識してから自信と活力が高くなりました。

よかったら試してみてください。

以上安野勇太でした!ではまたお会いしましょうばいばい!

テストステロンの関連記事はこちら>>