はいこんにちは安野勇太です。

最近は身体から高いセルフイメージと健康をつくるということで男性ホルモンの『テストステロン』を高める食材をご紹介しています。

以下は先日のTweet。

今回ご紹介する食材は…『ブロッコリー』です。

テストステロンとブロッコリー

テストステロンは男性の体内で賛成されている物質の中でも精神に強力な影響を与えるもの。テストステロンを高める習慣を身につけることができれば、セルフエフィカシー(自己肯定感・自信)を高めることができます。

我々の身体の中では男性も女性もテストステロンが分泌されていますが、体内のアロマターゼという酵素によって男性ホルモン(テストステロン)の一部は女性ホルモンであるエストロゲンに変換されています。

ブロッコリーには『インドール3カービノル』という物質が含まれています。

このインドール3カービノルが体内のアロマターゼの働きを抑えることで

テストステロン→エストロゲン

この流れを抑え、体内のテストステロンのレベルを高く保つことに役立つのです。

テストステロンの分泌量が増えるとは精神的にポジティブになるだけでなく、筋肉量のUP・体脂肪の燃焼速度のUP・集中力のUPなど精神面での良い効果が期待できます。

ブロッコリーの食べ方

ブロッコリーを食べる時にはをオススメします。

水溶性のビタミンCは水にさらしたり、加熱するとなくなってしまいますが、生で食べるとブロッコリーに大量に含まれるビタミンCやポリフェノールの抗酸化作用によって、間接的にテストステロンUPの効果も期待できます。

抗酸化作用とテストステロンについての記事はこちら>>

しっかりと洗って農薬や虫を落としてからドレッシングをかけてかじっても良いし、ミキサーでまわして飲むのもありです。

どうしても生で食べるのが難しいという人は加熱して炒め物にして食べるのもOKです。

ブロッコリーを1日半株以上を目標に毎日食べられるとテストステロンの分泌量が正常化して心身に良い影響期待できます。

まとめ

ブロッコリーにはこの他にも食物繊維や抗酸化物質が非常に豊富に含まれ、心身のストレスを抑えて気持ちを前向きにする効果が期待できます。

抗酸化作用とテストステロンについての記事はこちら>>

身体の内外からセルフイメージを高めるブロッコリーを毎日の食事に是非取り入れてみてください。

テストステロンのまとめ記事はこちら>>