みなさんこんにちは!

マッドマッチョサイエンティストの安野勇太です。

今日は脂質の分類と機能・理想的な摂取法について解説していきます。

脂質のカロリー

脂質は多くの方が知っているように

1gあたり9キロカロリーと

糖質・タンパク質と比較して多くのカロリーを含んでいます。

(糖質・タンパク質はいずれも4キロカロリー。)

少し量を増やしただけで、ハイカロリーの食事になる為、

摂取量に気をつけたいですね!

同じ肉でもバラ肉などは脂質を含む割合が多くなるので

ハイカロリーの食事になります。

脂質の役割

一昔前までは『ダイエットに脂質は悪!』

のごとくいわれていた時代もありましたが、最近ではダイエットをするときにも脂質の摂取が重要だということがわかってきました。

このブログでもご紹介しているダイエットに良いホルモン『テストステロン』の分泌やテストステロンの賛成にも関わるビタミンDの原料にも脂質(コレステロール)が原料として使われています。

その他ビタミンAやEなどの脂溶性のビタミンの吸収に関わる為、ダイエット中の正常な代謝や筋肉量の維持向上にも脂質を摂取することは重要なのです。

脂質の分類

脂質には大きく分けて飽和脂肪酸不飽和脂肪酸があります。

飽和脂肪酸は動物性の食品に多く含まれ、不飽和脂肪酸は植物性の油や魚油に含まれるのが特徴。

飽和脂肪酸はテストステロンなどのホルモン産生に関わっているのに対して、

不飽和脂肪酸は神経伝達や体中性脂肪を減らす働きなど、さまざまな役割があります。

飽和脂肪酸は摂りすぎると、肥満を招きやすい為、摂取量に注意が必要。

不飽和脂肪酸は摂取量を増やしすぎると体内で常時起こっている微細な炎症反応を促進し、

コルチゾール分泌を増やしてしまうため、

脂質に関しては『過不足なく、バランス良く』を意識するのがダイエットや健康には良いです。

加工の少ない自然の食品を

動物・植物・魚に分類して考えて行きましょう。

不足しやすい脂肪

オレイン酸

オリーブ油に大量に含まれます。

脂質や等の代謝(エネルギー化)を促進してくれる為、食べすぎた食事を脂質としてエネルギーを蓄えづらく、活発に毎日を過ごすことができます。

酸化しづらい為、熱を加えても効果を期待できるのも特徴のひとつ。

毎日の調理をオリーブ油に変えるだけでタフな身体を手に入れることができるようになるかもしません。

αリノレン酸

必須脂肪酸の一種。

体内で産生されない必須の脂肪酸なことに加えて、体脂肪になりづらいという特徴を持っています。

えごま油やしそ油に含まれるるので料理に使うようにするのと不足しているぶんの補給源になります。

DHA・EPA(ドコサヘキサエン酸・エイコサペンタエン酸)

この2つの油はどちらも魚の油に含まれます。

DHAは通常の物質は通過できない脳の関門(BBB)をすり抜け、直接脳内に入ることがで切る為、

脳の神経伝達を活性化し、集中力や判断力を高めることがわかっています。

EPAは体内で起こっている炎症反応を抑制する為、

コルチゾールの分泌量を抑え、筋肉量を増やしやすく、体脂肪を減らしやすい体内の状態がつくられやすくなります。

魚に含まれるこの2種類の油はどちらも熱や時間で酸化しやすので、

鮮度を大切にした方が効果が高くなります。

加工油に関して

加工油に関しては食欲を増進させるグレリンの分泌を更新することがわかっています。

加工油を含む加工食品の代表例は…

  • フランクフルト
  • ハッシュドポテト
  • ハンバーガー
  • フライドポテト
  • パンケーキ

などなど…

すぐに手に入る加工食品はグレリンの産生を増やし、食欲を過剰に亢進するだけではなく、

腸内環境を悪化させて体脂肪の増えやすい体質にします。

自然な食品を選ぶことが、カラダ作りと健康には重要。

そしてもちろん毎日のパフォーマンスにも。

まとめ

今回は脂質の分類に関してまとめました。

身近な油のなかから何を選び、どうやって量をコントロールするが、良いダイエットとタフでハイパフォーマンスな身体には重要です。

人は習慣でつくられる。

身体は一生。最高の人生を。

口にするものに意識を向けていきましょう。

ではでは!^ ^

脂質以外の3大栄養素 まとめ記事はこちら↓↓