みなさんこんにちは!安野勇太です。

今日は安野が関わる介護予防事業、『あっぱれ協会』のノウハウの中から、

高齢者の体操で常に忘れない5つのポイントについてお伝えしていきます。

体操をうまくいかせる為に…

体操をうまくいかせる為に必要なことはずばり、ご利用者さんが身体を動かしたくなるコミュニケーションをとること です。

今回の記事では、その秘訣を明文化しまとめているので

  • デイサービスで体操に取り組んでいる人
  • 体操インストレクターとして独立したい人・副業にしたい人
  • 職場間のコミュニケーションを円滑にしたい人

こんな人たちには特にオススメの内容です。

それではいってみましょう!

ポイント1:笑顔

はいこれです。

これは相手の気分をよくする為にとっても重要なのは、ご存知の通りですよね。

以前の記事でお話しした『3Vの法則』 でも解説していたように、相手から感じる印象の55%は視覚情報です。

笑顔・そしてできればボディランゲージを組み合わせると、さらに良い印象を相手に持ってもらえ、体操に主体的に参加してくれやすくなります。

笑顔を作る為に安野が取り入れている習慣は以下。

  • 体調を万全に整える(ストレッチや入浴呼吸を欠かさない)
  • 体操をする顔面のストレッチを行う(表情筋を大きく動かしておく)
  • 体操の前にご利用者さんと話してリラックスしておく

手軽にできて効果の高い方法なので是非試してみてください。

ポイント2:元気な声

元気な声は聴覚情報。

相手の印象に関わるおなじみ『3Vの法則』 では38%とこれも大きな割合を占めています。

高齢者の体操に関して言えば、良い声は、

大きく・張りがあって・聞き取りやすく・安心感がある

こんな声です。

聴力の落ちている高齢者の方達は、声を聞き取りづらい方達もいらっしゃいます。

相手を思う他人ベクターを基本に考えると、大きな声はご本人たちにとって優しいですよね。

ハリのある大きな声を出す為に安野が取り入れているポイントは、

  • 出張で体操に伺った際に大きな声で挨拶をして喉を開くこと
  • 気持ちをリラックスさせる為にストレッチを行うこと
  • 呼吸を大きく行なって呼吸筋の可動域を拡げること

この辺りは毎回行ってます。

声は、本当に大事です。

相手に元気を与えるという思いやりだと考えると、恥ずかしがらずに声を出せるかもしれません。

ポイント3:姿勢

姿勢は3Vの法則の視覚情報に加えて、自信をコントロールするパワーポーズとしての役割も果たします。

パワーポーズとは、自身の身体の使い方で体内のホルモンレベルや気分に変化を与えるポーズのこと。

姿勢や立ち振舞いが気分や脳に影響を与えることは今やハーバードビジネススクールの研究でも確認されています。

背筋を伸ばし、体操の説明の中で大きくボディランゲージを使い、習慣に落とし込みましょう。

ポイント4:相手の名前を呼ぶこと。

安野が尊敬するコミュニケーションの専門家、デール・カーネギーさんはその著書のなかで、全ての人は自分の名前の響きにに特別に深い意味を持つ。

ということを言っています。

街の雑踏の中で、自分を呼ぶ声だけが聞き取れたり、

自分の名前を覚えて、読んでくれる人に愛着が湧いたり、

相手の名前を呼ぶことが恥ずかしいと感じる方に持ってもらいたいのは、『名前を呼ぶことはエゴではなく、相手を幸せにするプレゼントなのだということ』

もともと人の名前を覚えるのが苦手だった安野ですが、これをリアルに感じてからは、関わる人たちや体操の利用者さんの名前をメモする習慣ができました。

他人の名前を覚えるのが苦手だと言う人はメモをとる習慣をつけてみても良いかもしれません。

ポイント5:相手の目を見ること。

名前を呼ぶことと同じように、相手の目を見ることは相手へのプレゼントだと思うようにすると恥ずかしがらずに目を見て話をすることができます。

関係性によっては相手の目を見ることが不快感を与えると感じてしまう場合もあるかもしれませんが、

目を合わせて会話をしているうちに、相手は心を開いてくれるようになります。

目を合わせる時のポイントの一つは、相手の目の当たりをなんとなく見るのではなく、『相手の目の奥を見ること』

目の奥には相手の本心が詰まっています。

相手からの印象をよくするためと言うよりは、相手のことをより深く知るために、相手の目をしっかりと見るようにすることで、相手からの印象が結果的に変わってきます。

あくまでも、行動のはじめの動機は相手を想うこと。

先に幸せを与えること。

これをまずは意識した方が結果的にうまくいきます。

まとめ

今回も高齢者の体操を中心にまとめましたが、

プライベートや職場以外でも共通するコミュニケーションの考え方かと思います。

安野は体操を通して本当の多くのことを学ばせていただきました。

安野が関わるあっぱれ協会での体操講座や、オンラインのパーソナルトレーニング・コーチングでも実践して得たノウハウをプランを通して実践的にお伝えしています。

身体を、心を、シゴトを通してクライアントの方達の人生がより豊かになること。

そしてこの世界が愛に溢れ、より良くなることを目指していきます!

以上、安野勇太がお伝えしましたん