みなさんこんにちは!

安野勇太です。

今日はせっかく起業しても成功しない人の特徴をお伝えしていきます。

これから起業を考えている人・すでに事業を運営している人は参考にしてみてください。

今日の記事はこんな人にオススメ!

  • これから起業を考えている人
  • 起業していてうまくいっていない人
  • 会社をやめたい人、個人で生きていきたい人

では、いってみましょう!

成功しない起業家…?

起業して成功する人にはキョウツウコウがあります。

逆に失敗する起業家にもキョウツウコウがあります。

今回は、多くの起業家と関わる中で気づいたその2つの特長をご紹介します。

その1:いきあたりばったりな人

目的を明確にせずに『とりあえず』行動する、行き当たりばったりな人はなかなか成功しづらく、結果が出るまでに時間がかかります。

行き当たりばったりな人は、

『短期的な快楽』や『気分』、『目先の安心感』に左右されやすい為、極端な言い方をすると、ギャンブルや浪費を繰り返す人と同じ思考をしています。

ギャンブルや浪費をしている人が、ビジネスで成功する!と言いながら行動しているのを見てどう感じますか?

現状を変えたく、その目標が大きいほど、

遠い未来に必要なことをする『逆算思考』が必要になります。

長期的な目標を見て理想の未来から今に線を引き、『必要な行動』をとることが、あなたが『成功』し、夢を叶える為には重要です。

その2:セルフイメージをコントロールできていない人

上の逆算思考がデキるようになり、行動単位が明確になっても行動しない人もいます。

この人はセルフイメージが低く、『自分ではできない』と思ってしまっている場合があります。

いくら理論上はうまくいくことであっても、行動をしないとその計画が結果になることは『絶対に』ありません。

結果を出す人は、『自分ならデキる』と根拠のない自信を持っています。

逆算して考えることがデキる思考と、自分の洗濯を信じて突き進めるセルフイメージ…この2つが結果を出す為には必要なのです。

セルフイメージを高める為には、身体心理を応用して、習慣からアプローチをしてみるのも一つの選択肢です。

心をコントロールするのに、正面から心にアプローチをするのは、難しい。

気分が変わりたくなるように、身体からアプローチする感覚を持てると、切り替えが必要なときにスムーズかもしれません。

身体心理学に関して知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

まとめ

以上、今回は成功しない起業家の特長をまとめました。

考えなしでも、頭でっかちでも、よくありません。

しっかりと逆算して、思考と行動の両方が伴うことで、『成功』できるはずです。

ゴールから逆算して、理想の未来をつくれる起業家を目指していきましょう。

安野自身、これからも修行し続けます。

ではまたお会いしましょう。

ばいばい!