こんにちは!あっぱれ協会講師の藤倉健太です!

ご高齢者さんから、肩の周りや背中が凝っているという声を聞いたことはありませんか?

そんな時は、ぜひ背中を伸ばすストレッチを教えてあげてください!

この体操では、参加させるご高齢者さん達とインストラクターが

肩甲骨から背骨に付いている菱形筋群を伸ばすことが出来ます!

これに合わせて、胸張りストレッチを行うと効果的です!

ではさっそくやり方を説明していきます

1、体の前で手を組んでください
2、その手を真っ直ぐ前に伸ばしていきます
3、目線はおへそを覗き込むようにして頭を腕の間に入れていきます
4、背中を丸めるようにしてゆっくりのばしましょう

手を前に伸ばして、
背中を丸めることがポイントです♪

このストレッチをやることによって、

肩甲骨から背骨に付いている筋肉を伸ばすことができ、肩や背中の凝りを改善できます!

ただし!

ご高齢者さんや現代人の多くは、日頃から背中が丸まりこの姿勢を取っていることが多く見受けられます

同じ姿勢を続けることによって筋肉が引き伸ばされ、負担になり痛みに繋がることがあります!

なので、
背中伸ばしの体操と合わせて
胸張りストレッチを一緒にやることをオススメします!

どこの部位にも言えますが、
片側だけ(前側だけ、右側だけのように)を伸ばしたり、鍛えたりすると体のバランスを崩しかねません。

ストレッチや筋トレなどを行う場合は反対側もしっかりと動かしてあげましょう!

それでは今日はこの辺で(^^)♪