こんにちは!安野勇太です!
最近はますます暑くなってきましたね!

これからの時期、老若男女関わらず、熱中症には気をつけましょう。

さて、最近はご高齢の方とのレクの時間の過ごし方にま慣れて来て、一緒になって楽しめるようになって来ました。
この3ヶ月の間でお話をしていて感じ、学ぶことがあるわけです。

思うのはやはり、
レクを行う時、私たちは『アイドル』なのだということ。

私は、ご高齢の方にとってレクは楽しい時間であることが大前提だと、考えています。
週に1度伺った時に、ご本人たちが『待ってました!』と笑顔が溢れるような存在になる為に、私たちは最高の時間を共に過ごすことが大切です。

ジャニーズやAKBのそれに通ずるところもあるかもしれませんが、
レクの中で、『ひとりひとりと会話をすること』
おかげさまで参加者の方も増えて来たこともあり、体操の中で全員と話すことはなかなか難しいですが、
できる限り皆さんひとりひとりがどんな感情で、何を求めているのかを感じ、それを叶える。
ひとりひとりと目線を交わして最高の笑顔を届ける。

レクは最高のアートで私たちはアイドルそのものなのだと感じています。

身体を元気にするという動きの内容そのものはもちろん、全員が楽しめる『場』をつくる。
ご高齢になっても元気な身体と笑顔で共に楽しんでいけるよう、最高のレクリエーションをつくっていきます。

今後も宜しくお願いします^ ^

想いに共感いただける方はトップページのいいね!ボタン、記事のシェアで応援いただけると嬉しく思います^ ^!
宜しくお願いいたします!