こんにちは!

Mediness FIT あっぱれ協会の安野勇太です!

最近はあっぱれ協会の方の報告が滞っていますが、しっかりと施設に伺っていますよ^ ^

ただ、安野の仕事が増えてきたので

会員の瀬川さんに任せようとこっそりと企んでいますが…←

かばん持ちを担当してくれていた瀬川さんですが、

はっきりいってコーラス体操レクリエーションの評判が良すぎて安野じゃなくてもいいくらいに感じています。笑

瀬川先生のコーラス体操レクリエーション

身体の知識をフィットネスチーム『Mfits』でさらに身につけて、

シニアの体操エキスパート・講師になっていけたらすっごいことになります!

瀬川さんや安野に体操レクリエーションに同行して学びたい方は専用のプログラムを用意しているのでお気軽にご連絡ください^ ^

さて本題

本題を語るのが遅くなりました。

今回はシニアの方の腰が曲がる原因について。

なぜ腰がまがるのか

腰が曲がって後ろ手に手を組んでいるシニアの方はイメージしやすいのではないでしょうか。

多くの人はあれを腰の骨(腰椎)が曲がっていると勘違いされていますが、

あれ、実は多くの場合、

お尻の筋肉の低下原因

なんです。

お尻の筋肉の役割

お尻の筋肉には大臀筋や中臀筋がありますが、

特に大臀筋には骨盤を前に押し出す役割があります。

試しに今立てる人はお尻の筋肉に力を入れて硬くしてみてください。

骨盤が自然に前に出ていきませんか?

高齢になるとお尻の筋肉が極端に弱くなり、

お尻が後ろに引けて身体が前傾していきます。

上半身が前傾すると身体が倒れないように持続的に腰の筋肉(脊柱起立筋)に負荷がかかった状態になり、腰痛の原因になるのです。

腰の後ろに手を当てているシニアは骨盤を前に押し出して、

腰への負担を抑えようとしているのです。

じゃあお尻の筋肉を鍛える為にはどうすればいいの?

ではお尻の筋肉を鍛えよう!

とはわかっていてもなかなか鍛え方がピンとこないでしょう。

そこで、杖で歩いていたシニアの方が、

杖なしでスタスタと歩けるようになったオススメの体操をご紹介します。

他の体操ももちろん実施していましたが、

この体操の効果が高かったようです^ ^

お尻の筋肉を鍛える:前蹴り体操

座位でできる体操のひとつに前蹴り体操があります。

方法は

  • 椅子に座った状態で片膝を自分の胸に引き寄せる
  • 足の裏で身体の前の空気を押し出すように膝を伸ばす
  • 足をもう一度胸に引き寄せる
  • 足を床に降ろす

これを片足につき、3〜5回程度行います。

数を数えながらゆっくりと行うことがポイントです^ ^

まとめ

いかがでしたか?

お尻の筋肉は身体を安定させる為にも、腰痛を予防する為にもとっても大切。

今回ご紹介した体操で立位と歩行ができるようになった利用者さんもいらっしゃるのでぜひ、現場でお試しください^ ^

ご質問やご相談は↓のコメント欄からお気軽にどうぞ!

安野勇太でした!

追記

足を前に蹴りだす時には膝に力を入れるとお尻により力が入りやすくなります。

意識できるよう、シニアにアドバイスできると効果がより高くなりそうですね!