こんにちは!

Mediness FITの安野勇太です。

本日オンラインパーソナルトレーニングのクライアントさんに直接会い、パーソナル指導をしてきました。

このクライアントさんなのですが、オンラインで食事指導をしていて毎日の食事を見ていると、

内容はほぼ完璧。

食欲のコントロールも上手くできているのですが、腰痛持ちでできる運動が限られるため、

いまいちダイエットが進まないことがネックになっていました。

筋トレだけではなく、前屈をするだけで腰が痛くなってしまうため、

ストレッチも難しいという状況。

今回のパーソナルトレーニングは

腰のコンディションの改善と、健康を増進することをテーマに進めました。

腰痛の原因

腰痛の原因は様々ありますが、以前のシニアの記事でも触れているように、

整形外科での診断は85%が『原因不明』と診断されます。

この原因不明はレントゲンに写らない

→骨ではなく、筋肉や腱に原因があることが原因。

開脚・また前屈のストレッチで骨盤が後傾(後ろに倒れている状態)しているのを確認し、クライアントさんの腰痛の原因は

  • 身体の固さ・前後の筋肉のアンバランス
  • 身体の使い方のくせによる左右の身体のアンバランス

ここにあると判断しました。

『体操』の可能性

最近はシニアの体操づくりに関わってきたおかげで、

関節や筋肉の可動域について考えらえるようになりました。

今回のクライアントさんの身体作りに関しても、

筋肉の柔軟性や関節可動域を大きくすることで、

  • 股関節の可動域の向上(→腰痛の改善)
  • 肩甲骨の動作の改善(→猫背の改善)
  • 動きの少なくなっていた筋肉の日常動作での参加(→消費カロリーのUP)
  • トレーニングができるようになる!(筋量UP)

と…可動域を大きくするだけでとっても大きな効果があると感じ、

まずは軽い負荷で可動域を大きくする『体操』をメインで行っていこうと決めました。

シニアも若者も身体の基本は同じ。

杖を使って歩いていた90歳くらいのシニアが体操を継続してチャキチャキに歩いているのを目の当たりにしているので、

30代の今回のクライアントさんができないわけはないという確信を持っています。

この1〜2週間は凝り固まった肩甲骨まわりの筋肉をほぐし、

猫背・腰痛の改善をするための体操をいくつか伝授しました。

今回はその中でも基本のキをお伝えします^ ^

肩甲骨の可動域を拡げるための体操

その体操とは深呼吸です←

え…と思う方もいるでしょう。

まあ落ち着いてください。笑

肩甲骨の動きを拡げるために必要な要素の大きな1つが

胸の筋肉の柔らかさ

です。

身体の前面の筋肉が硬くなると、筋肉は縮こまったまま固まってしまい、

肩が内巻きになってしまった結果、猫背や巻き肩になってしまいます。

胸の筋肉を引き延ばすことができれば背中の筋肉の力が自然に働き、

肩甲骨が引き寄せやすくなります。

腕を上に大きく振り上げてする深呼吸を正しく行えば、

胸周りの筋肉、また呼吸筋をしっかりと伸ばしストレッチするコトができるようになるのです^ ^

可動域を拡げる深呼吸のポイント

腕を大きく頭の真上から体感の真横を通るように動かすコトです。

深呼吸をするときの腕が身体の前を通るよりも身体の真横、もっというと後ろまで引くようにすると

肩甲骨が引き締まり、また大胸筋をストレッチすることができます。

深呼吸に限らず、手を上げる・両手を開く…それぞれの動きでしっかりと腕を引き切り、大きく動かすこと。

それこそが胸周り・肩甲骨周りの関節の可動域を拡げるのには重要なのです^ ^!

肩甲骨の動きがよくなるだけで、

  • 猫背の改善
  • 腰痛の改善
  • 肩こりの改善

などいくつもの効果が期待できます。

身体で人生をコントロールする。

可動域を拡げ、姿勢を正すことは、人生の可能性・可動域を拡げていきます。

明日と未来の健康と毎日の前向きな気持ちの為、深呼吸を取り入れることもおすすめです^ ^

Mediness FITの会員について…

Mediness FITの会員はメンバー同士で食事の内容を共有したり、

オンラインでのボディメイク相談や健康・フィットネス・介護についての情報共有をしています^ ^

飲み会やイベントの企画を応援したり・勉強会の会員価格での参加ができたり…

学びと遊び、シゴトの創れるコミュニティをこれからも益々盛り上げていきまっす^ ^!

是非参加したい!という方はお問い合わせ欄・各種DMからお気軽にご連絡ください。

ではまたお会いしましょう!

会員について