おはようございます安野勇太です!^ ^
今日は疲労をとって体脂肪を燃やす朝5分の習慣をご紹介します。

朝の習慣とボディメイクと疲労回復

朝のウォーミングアップは血流を良くして1日の脂肪燃焼をスタートさせ、外部からのストレスに対して強い心身の状態をつくる効果が期待できます。

たったの5分、朝の歯磨き後、いつもの『習慣』に落とし込むだけで毎日が、将来の健康状態が変わるかもしれません^ ^

まずは水分摂取

寝る前の習慣に加えてしつこいようですが、朝のスタートを切るのにも水分摂取は非常に重要です。

【参考記事】
現代人の疲労回復にとって重要な食事-リカバリーメソッド『水分摂取編』-
-『空腹感』と『疲労感』を抑えて体脂肪を燃やす- 【水分摂取の方法】

以前の記事でも触れていますが、水分をとることで血液の循環が良くなり細胞に溜まった疲労物質が除去されて、必要な栄養が補給されます。
尿の色を目安にして、身体の水分量を見極め、体液の循環を適切に保つことがベストコンディションをつくる上で重要です。

疲労の回復にも空腹感の解消にも、有効な水分摂取を日頃意識してみましょう!
1時間にコップ1杯(200ml)の水を飲む習慣をつければ1日の水の摂取を十分にすることができます。

オフィスでの集中力にも体内の水分量が重要です。
ペットボトルやマイボトルで水やスポーツ飲料を持ち歩く習慣をつけると良いですね!

呼吸・スワイショウ

以前にもご紹介したスワイショウ1日のウォーミングアップに有効です。
スワイショウは中国武術や太極拳などをルーツにもつ動きで疲労回復・腰痛改善・冷え性解消などの効果が期待できます。
肩甲骨の内側奥深くには膏肓という体外からは刺激できないツボがあり、このつぼを刺激するのに良い動きであることが理由のひとつであると考えられています。

朝起きてすぐの身体は血流がまだスムーズではないため、血流を上げてから徐々に筋肉の柔軟性上げていくことが大切です。
スワイショウは動きのなかで筋肉の可動域を広げていく『ダイナミックストレッチ』のしても適しており、筋肉へのストレッチによる負荷も軽いため朝のウォーミングアップとしてオススメです!

ストレッチ

これは身体の固い部位を重点的に行うことがおすすめですが、手軽にできる部位からでかまいません。
朝は血流がまだ悪く、急激に筋肉を引き伸ばすと逆に反射によって筋肉が難くなってしまう可能性があります。

スワイショウなどの軽いウォーミングアップで体温を上げ、循環を良くした状態で行うことが朝のストレッチには重要でしょう。
おすすめは、どこでもできて大きな動きを必要としない3首ストレッチです。

徐々に身体を起こしていき、身体が温まってきたら太ももなどの大きな筋肉をストレッチするようにしましょう。

全身の血行を高める【3首ストレッチ】 -身体の中で流れが滞りやすい部位-

まとめ

今回ご紹介した習慣は負荷の軽い順に並んでいます。
まず、お水をいっぱい飲んだらスワイショウをやってみる。スワイショウで身体がほぐれたら、ストレッチをやってみる。

徐々に身体を起こしていくことが大切です。
朝から循環を良くし、脂肪を効率的にエネルギーとして使用する朝の習慣を身につけることで、体型が変わっていきます。

ただ、朝いきなり急激な運動をすることは控えましょう。
疲れないためのウォーミングアップで疲れてしまったら、元も子もありません。『ウォーミングアップのためのウォーミングアップ』を意識して十分に行いましょう。

そのなかでカロリーが消費されていることがわかっていれば、続けられるはず。
1日をハイパフォーマンスに。かつ脂肪をしっかりと燃やしてスタイリッシュなボディが手に入るのは素晴らしいですよね^ ^

おまけ

最近の研究では朝食に糖質だけではなくタンパク質を加えることで児童の学業の成績が上がることが研究によって証明されています。
タンパク質は筋肉の材料になるだけではなく、脳機能にも良い影響を与えるのです!

いつもの朝食に目玉焼きやヨーグルトをプラスすることは集中力や精神衛生上にもメリットがあるかもしれません。
意識的に取り入れていきましょう^ ^

1ヶ月間で疲労のないスタイリッシュな身体をつくる『リカボディメソッド』の紹介ページはこちら