みなさんこんにちは!

安野勇太です。

今日は安野が関わる高齢者のための体操レクリエーション事業、『あっぱれ協会』の出張レクリエーションに同行。

その中で感じた体操中に特に重要な3Vの法則について今回は深掘りしていきます。

3Vの法則について

以前の記事 でも少し触れていますが、3Vの法則は別名『メラビアンの法則』と呼ばれ、

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した概念で、

3つの情報:言語情報(Verbal)聴覚情報(Vocal)・視覚情報(Visual)

が話し手が聞き手に与える影響を、研究と実験に基づいて数値化したものです。

その実験結果によると、それぞれの影響は

  • 言語情報(Verbal)…7%
  • 聴覚情報(Vocal)…38%
  • 視覚情報(Visual)…55%

の割合になったそう。

話している内容(言語情報)よりも見た目(視覚情報)や声の大きさ(聴覚情報)の方が圧倒的に多いというのは衝撃的な結果だと思いませんか?

今回の記事では私たちが普段行なっている体操レクリエーションや日常のシーンで使える具体的な内容を例に出し、深掘りしていきましょう。

視覚情報(Visual)

視覚情報は体操の中でいうとどんなものがあると思いますか?

例えば、

『見た目』。

  • 顔やスタイル。
  • 服装。

これに加えて

『動き』も視覚情報です。

  • 笑顔
  • 説明をするときの動き

説明をするときに立ち上がるなどの工夫をすると、相手に与える印象が変わってきます。

  • 説明のときに立ち上がって体操をしてみる。
  • 表情を大きくしてみる
  • なにかアイテムを使ってみる

などを試してみると良いかもしれません。

この動画の後半では説明や場の雰囲気を作るために3Vの法則を使っています。

聴覚情報(Vocal)

聴覚情報とは言語情報のような『話の内容』でなく、

声の大きさや抑揚

などのそれ以外の情報のことを言います。

相手に与える印象の38%を閉めるこの聴覚情報を使いこなす為に、筆者の安野は

ハリのある大きな声を出すこと

に気を配っています。ただ、

大きな声を出そう!

と言っても、普段出し慣れていない人にとっては難しいと感じることも。

声の大きさや質は気分におおいに左右されます。

そこで気分を高めて、声帯のウォーミングアップをする為に安野が使っている方法をご紹介します。

それが、『体操前の挨拶』

私が、まだ出張体操レクリエーションに取り組み始めた頃、それはかなり緊張するわけです。

体操にも伺うご施設にも慣れていない。

そんな状況ではうまく声が出るわけもありません。

そこで毎回意識していたのがこの挨拶なのです。

これは日常生活で声が小さいと言われる人にも試して欲しいのですが、

1度大きな声を出すと、その後も声が出しやすくなります。

これはあたりまえに使っている反面、テクニックとして知っている人は意外にも少ない印象があります。

出張レクに伺うときに最高の挨拶をすると、

自分の声も、心も、相手の心も良い状態にすることができます。

ここでも意識したいのが

MF会員さんにはおなじみの『他人ベクトル』

ただ大きな声を出すのではなく、

相手に元気を与える。

そうすると、自然に声の出しまでもが変わってくるはず。

相手の心に届く声を出すための、ウォーミングアップに挨拶をうまく使いましょう!

言語情報(Verbal)

言語情報は、印象の点で与える印象は3Vのなかのたったの7%ですが、体操の参加者さんに与える『説得力』に影響を与えます。

ご利用者さんが体操に積極的に取りくむ為には、体操の効果をしっかりと意識して『ベネフィット』を知っていることが重要。

この体操をすることで自分が体感できるどんな良いことがあるのか。

これを体操の動きの前に伝えることで、しっかりと体を動かして効果をだそうと思えるわけです。

ここで注意したいのが、体操のメリットではなくベネフィットである点。

『〇〇筋が鍛えられます!』

ではなく、

体操をすることで、

『腰痛が軽くなることがあります!』

『疲れが取れ易くなります!』

といった『体感できる効果』をしっかりと伝えることができれば体操の参加者さんたちのやる気に火をつけることができます!

そして、体操のベネフィットを伝えることで引き出したモチベーションの炎は、その場の 『楽しい!』というモチベーションと比べて長く灯っていることでしょう!

まとめ

いかがでしたか?

今回はシニアの体操を例に体操3Vの法則『メラビアンの法則』について解説していきました!

今回ご紹介した内容はほんの一例ですが、考え肩の基本をおさえれば、ビジネスシーンや友人との関係にも好影響があると思われます。

相手に与える印象を良いものにすることは相手をハッピーにすること。

他人の為にと思うことができれば、きっともっと力がでるはずですよ^ ^!

では、またお会いしましょう!

体操のコンサルティング、認定インストラクターに関してもお気軽にご相談ください!