こんにちは!
疲労回復マニアになりつつある安野勇太です!

毎日、気持ちを明るく前向きに、健康に、そして筋肉を育てるためにも身体の巡りを良くして疲労回復をすることは非常に重要です!
今回は毎日の疲労を取るために安野が行ない、効果を実感している習慣の中から、オススメの3つのポイントをピックアップしてご紹介します。

人に優しく、仕事もできて、ツヤもある。
そんなライオンキングのような人間になるために、オススメです!←謎

意識的な深い呼吸


これまでの記事でもお伝えしてきましたが、深い呼吸は心身をリラックスさせて眠りを深くし、疲労回復をするのに非常に重要だと確信しています。
寝る前に腹式呼吸の習慣をつけるだけでこの効果は十分い感じることができますが、布団に入る前に呼吸と合わせた静かなストレッチの習慣をつけるようにすると尚、良いでしょう。

体が緊張すると精神的な緊張が続きます。
筋肉を柔軟にしておくことは精神的にもリラックスし、質の高い仕事と睡眠をとることに役立ちました。

是非、一度お試しください。

大きな動きの有酸素運動

夜寝る前には激しい運動はオススジェできませんが、格闘技やブラジル体操などの全身を大きくつかったダイナミックストレッチ(有酸素運動の要素を加えた動的ストレッチ)は日常的に行うことで筋肉の柔軟性を高め、心拍数や体温を上げる効果を期待できるため、一日のウォーミングアップや昼間のちょっとした運動に最適です。

身体を大きく使うため、一部の筋肉に極端に負担をかけることなく、カロリーを消費し、全身の柔軟性を高めることができます。
ただ、ダイナミックストレッチの筋肉を瞬間的に強く伸ばす動きは筋肉を逆に固くしてしまうことが知られています。

この運動を行うときは初めから強く動かして逆効果にならないよう、徐々に動きを大きくし、身体の準備が整うにしたがって動きを大きくしていくようにしましょう。

格闘技の動きをベースにしたオススメのダイナミックストレッチは後日動画でアップしていきます。

入浴とツボの刺激

言わずもしれず、入浴による血行の促進は疲労回復に有効です。
温浴効果によるものと浮力によって重力から解放されること、また水圧によるマッサージ効果によって身体の血行が促され、筋肉を柔軟に保つことができます。

また血行が促進されている状態でツボを刺激することで、身体の巡りが良くなりツボに対応した反応が起こります。
次の章では巡りを改善する為のオススメのツボをご紹介します。

■足の三里


足三里はひざのお皿のすぐ下、外側のくぼみに人さし指をおき、指幅4本そろえて小指があたる場所にあるツボです。
血流を改善し、足のつかれやむくみ、膝の痛みや胃腸の不快感を改善する効果があると言われています。
また体力増強し、健康状態全般を改善することで良く知られたツボでもあります。

■安眠

安眠というツボは耳の裏の骨から1㎝程度下に下がったところにある押すと響く場所にあります。
ここを刺激することで副交感神経を活性化させ、脳をリラックスさせて眠りに入りやすくなります。

まとめ

これらのツボを入浴の際、湯船に浸かりながら痛気持ちいくらいの強さでそれぞれ5分程度刺激すると翌日の足の疲れや朝の気分が大きく改善することを感じることができます。
寝る前の5分間の習慣で睡眠の質を改善できるなら、少し遅くしても試してみたいとは思いませんか??

回復のちょっとした習慣が筋トレや仕事の質のみならず、人生を変えると思いませんか?
毎日を快適に過ごすためにも少しの習慣を意識的に生活に取り込んで有効活用しましょう!^ ^

よければ記事・トップページのFacebookいいね!ボタン、シェアをお願い致します!

今日もベストコンディション&スタイリッシュに過ごしましょう!
ではでは!