【高齢者】体操レクリエーションのインストラクターが意識したい『色』の科学

みなさんこんにちは!

Mediness FIT の高齢者の健康チーム『あっぱれ協会』の安野勇太です^ ^

シニアも若者も身体が動けば心も動く。

息を吸い込むだけで心が晴れるような毎日を身体と体操でつくれれば最高!ですよね!

生徒さんも力をつけていって、今とこれからの少しの期間が一番大きく変わる時。

『大変』な時期になると思いますが、ここを越えれば…ふふふ( ´ ▽ ` )

身体を、体操を学んで共にプロフェッショナルになっていきたいですね!

と、いうことで今日は体操レクリエーションのときに超応用できる色の科学と活用法をご紹介していきましょう!

まずは3Vの法則のおさらい

他人に与える印象では見た目(ビジュアル)がもっとも重要です。

続いて声のハリや滑舌・大きさなどの質(vocal)

言語情報はたったの7%しか相手の印象に届きません。

3V(メラビアン)の法則についてはこちらを参照

色を変えることで体操中にシニアに与える印象や自分自身の感情をコントロールすることができるのです。

色(視覚)を使いこなそう

体操の中の視覚的な情報はインストラクターの動きや表情、そして『色』があります。

今回ご紹介するの『色』は、

世代を超えてどんな人にも効果を与えるもの。

これを知れば体操だけでなく、営業・マネジメント・友人関係…

本当に多くのことに好影響を出すことができそうですね!

色の印象のざっくりした一覧はこちら

  • 赤…交感神経を興奮させ、血圧を上げる。情熱。
  • 黄色…明るい・外交的・話しやすい・楽しい
  • 青…冷静・理性的・賢い
  • 黒…特別・威圧的・恐怖・不吉
  • オレンジ…喜び・明るい・暖かい

ざっくりとこんな感じです。

どんな服を着ていくでシニアの方のイメージや楽しみ方も変わってくる。

せっかくならより明るく楽しんでもらいたいし、楽しみたいですよね^ ^!

色を使いこなすアイデアは結構色々あるあず。

ぜひ、体操中、その他のタイミングでもお試しください( ´ ▽ ` )

まとめ

ということで今回はあっぱれ協会でも取り入れてる色の科学のご紹介をしました💡

下の写真の瀬川先生もコーラスと体操を組み合わせたレクリエーションを完成させつつあります。

ノウハウを瀬川先生や安野学びたいという方は下記リンクからお気軽にご相談ください^ ^

シニアも若者も、

『身体は一生。最高の人生を。』

共に豊かな人生をつくりましょう^ ^

ばいばい!