みなさんこんにちは!

あっぱれ協会の安野勇太です!

先日はあっぱれ協会と同じく、シニアの健康を守るべく、

千葉県で介護予防体操を実践されている、

辻 徹郎 先生

にインタビューをしてきました!!

動画の中では辻先生なんて堅苦しく呼んでいますが、実は普段は

『つーじー』と呼ぶくらいなんども顔を合わせた仲なのです。笑

辻先生の『百寿体操』とは

辻先生が千葉県で実施している『百寿体操』は自立状態の人が100歳まで歩くことができるようにとつくられた介護予防体操です。

辻先生の百寿体操は、特に立位がとれる方達の『下肢筋力』『認知機能』に着目して構成されています。

高齢者が要介護状態になってしまう主な理由は、下肢筋力の低下と認知機能の低下。

勉強会で一度ご一緒した際にトライした百寿体操の脳トレプログラムは、

介護に関わる我々参加者も間違えてしまうほど。笑

しかもいい感じに筋肉を刺激できるような構成になっている為、結構きつい。笑

ただ、間違えても、筋肉に効いていても、自然に笑いが起きる仕掛けが盛りだくださん。

大いに楽しい勉強会になりました!

辻先生は地域の高齢者の方達が集まるコミュニティを運営していて、公民館や体育館で介護予防体操を実施されています。

徒歩で通える範囲(半径1㎞以内)の高齢者の方達と年単位で体操を実施して、いまだに要介護状態になってしまった方は0人だそう。

千葉県で高齢者の体操を学びたい方はぜひ辻徹郎先生の百寿体操の教室に伺ってみてください。

私、安野と同い年のつーじーですが、筋トレマニアではなく、はっきり言って私よりも『爽やか系』です。笑

これからのビジョン

高齢の方が増えるこれからの時代、誰か一人がカリスマになるのではなく、

それぞれが強みや力を合わせて同じ未来を夢見ることこそが大切になると感じています。

高齢者の健康を守る体操を、ノウハウを共有し、伝えていく。

その輪が広がり、笑顔に溢れる未来を創っていく。

辻先生を始め、想いを同じくする同志とこれからも行動していきたいと想っています。

身体は一生。最高の人生を。

またそのうち辻先生とセミナーも開催したいと想っています。

ご要望・感想はお問い合わせ欄からお気軽にどうぞ!