みなさんこんにちは。安野勇太です。

朝、活動をし始める前の習慣はありますか?

スターバックスCEOのハワード・ショルツ/FacebookCEOのマーク・ザッカーバーグ/テスラ・モーターズのイーロン・マスク

優秀な経営者は朝の時間を大切にしている人が多いです。

参考記事:成功者の朝の習慣

以下は筆者安野の先日のツイート。

彼らほどとは言わなくても、生産性を高める為に気軽に朝できる習慣をこの記事ではお伝えしていきます。

今日の記事はこんな人にオススメ!

  • 常に疲れていて、やる気が出ない
  • もっとエネルギッシュになりたい
  • 仕事の集中力をアップしたい
  • 毎日をポジティブな気分で過ごしたい

ではいってみましょう!

体調が悪いと、やるべきことができないのは『当たり前』!

まず前提として、身体が疲労困憊していたり、寝不足の状態のときに良いパフォーマンスは発揮できないのが『当たり前』です。

多くの研究で睡眠不足がQOLや気分に悪影響を及ぼすことが示されています。

参考:睡眠障害の社会生活に及ぼす影響 – J-Stage

そして体調や気分、自己肯定感(セルフエフィカシー)を良好にしていく為には、運動も効果的であることが研究で運動心理学分野の研究で示されているのです。

参考:今, 求められる健康スポーツの心理学的意義 : 運動心理学と身体行動の視点-竹中 晃二 早稲田大学人間科学部スポーツ科学科

このように1日をポジティブに、生産的に過ごす為には、コンディションが良いことがまずは前提です。

それをおろそかにして、『根性』で頑張ろうとしてもうまくはいかない。

上であげた、睡眠や効果を得る為に運動を日常に取り入れていくことがオススメですが、それにオススメなのが、朝のラジオ体操なのです。

ラジオ体操の効果

ラジオ体操をすることで期待できる効果には以下のようなものあります。

  • 便秘解消
  • 基礎代謝アップ 
  • 集中力アップ
  • 血流の改善
  • 肩こりの改善
  • 呼吸機能の促進
  • 腰痛の予防

13パターンの動きの中には縦・横・回旋 といった運動に必要な3つの動きが各関節で起こるよう、計算されて組み込まれている為、全身を効率よく動かす為には非常に優秀な体操なのです。

その為、血流の改善を期待でき、1日を通して良いパフォーマンスが期待でき、ストレスや疲れる原因を起こしづらい状態が出来上がるのです。

ポイントは

  • それぞれの筋肉に集中して行うこと。
  • 呼吸を大きく行うように意識すること。
  • 指先までしっかりと伸ばすように意識すること

時間にして3分15秒程度。毎朝のルーティンに取り入れることをオススメしています。

ラジオ体操は朝やるのが良い?

仕事などが忙しい方は特に、仕事終わりにはくたびれてベッドに倒れこんでしまいますよね。そういう人は時間を大事にするあまり、『コンディショニング』にまで気が回っていないことが多いものです。

それでは結果的に疲れてしまて悪循環。

そんな人こそ朝の時間帯に1日のルーティンとしてラジオ体操を取り入れるのがオススメです。

朝のラジオ体操は交感神経(集中力を高めて、代謝を高める神経)を刺激し、基礎代謝をアップさせます。

交感神経は、心拍数を増して血流をアップし、集中力を高め、ストレスに対する耐性を高める為、朝の運動は出勤前に身体を『仕事モード』にしたりやる気や自己肯定感(エフィカシー)を高めるのに有効なのです。

脳の機能(自制心も含む)を高めることが期待できる為、

  • 集中力のアップ
  • 疲労感の軽減
  • 気分の改善

も期待できます。スポーツと同じで、するべき準備ができている状態で仕事に取り組んだ方がうまくいくもの。

忙しい人・目標がある人こそ、朝のラジオ体操・運動を習慣にすることをオススメします。

人は習慣でつくられます。1日3分15秒からコンディションを整える習慣をつくることができると思えばデキそうだと感じませんか?

筆者の安野自身も毎朝の運動、ラジオ体操を習慣にしています。

今のあなたに必要な習慣を、少しづつ増やしていくことから始めれば未来が良い方向に傾いています。

もし相談したいことがある方は、各種SNSのDM/このHPのお問い合わせから連絡してください。

以上、安野勇太でした!

ばいばい!