みなさんこんにちは!
安野勇太です。

ここ最近はかなり体調管理に努めるようにしているのですが、前までは自分のコンディショニングがおろそかになることがあり、周りに対して親切に接していないことがあったと少し反省していました。

そう、疲労がたまると集中力や判断力、自制心が落ちる。


不自然な食欲によって、過食になってしまい、栄養面からもさらなる身体の不調を招くことになります。


コンディショニングは職種や年齢に限らずあらゆる仕事・良い人生に重要です。


今回の記事では今までに書いてきた身体の不調の記事に加えて、
疲労を回復する習慣と、習慣化するのに役立つ具体的な方法をお伝えしていきます。

良い腸内環境

腸内環境は脳の働きや気分に密接に関わっています。

疲労の原因の中でも、肉体位労働以上に頭を酷使したり、悩み事をすることによる『神経疲労』が疲労の原因の多くを占めることがわかっています。

私たちの脳で作用して気分の安定や良質な睡眠に関わる神経伝達物質『セロトニン』。
うつ病や、気分障害とも直接的な影響があります。

腸の運動や血管の収縮など脳以外でも作用しますが、セロトニンは脳にある特殊な壁によって直接、脳内には入っていきません。
ただ、腸で産生され、脳以外に存在するセロトニンの量がなんらかの形で脳の機能や気分に関与することは間違いなさそうです。

腸内環境を改善する食物繊維(めかぶ・黒酢)

腸内環境を改善するのにおすすめの食材はなんといってもめかぶです!


ねばねばの元は水溶性の食物繊維。


野菜などのには不溶性食物繊維が多く含まれますが、水溶性の食物繊維があまり含まれていないものもあります。


食物繊維は水溶性・不溶性それぞれに作用が異なり、バランスよく摂ることで腸内環境を改善することができます。


またごはんやパスタなど、糖質を摂取する前に食物繊維を摂ることで血糖値の急上昇を抑えて脂肪の蓄積を防ぐことができます。

食事の一番初めに意識してめかぶを食べましょう^ ^!

身体の巡り

疲労無くし、ボディメイクを最適化するには身体の巡りが非常に大切です。


体内の巡りが悪いと体内で細胞にエネルギーをしっかりと送り届けることができなくなる為、
・疲労が回復しづらい
・脂肪や糖質がエネルギーとして使用されづらい為、太りやすくなってしまいます。


ここからは巡りを良くするのに大切な項目をいくつかご紹介していきます。


朝のスワイショウ

夜寝ている間は、身体を大きく動かさないため、体内の巡りが悪くなっています。
朝起きた直後のスワイショウは脱力したまま腕に遠心力を与えること、また瞑想を合わせて深く呼吸をすることで血管を拡張して全身の巡りを良くすることができます。

水分

水分摂取の量が少ないと、いくら心拍数を上げても血流がなかなか良くなりません。
体内の血液の粘土を下げ、血行をスムーズにするために水を飲むことは大切ですが、


細胞の隅々まで水分を送り届けるためには水ではなく『水分』を補給することが大切です。


適量のミネラルを含んだスポーツ飲料か、カロリーが気になる方は経口補水液を飲むようにすると、糖分の摂取量を抑えることができるためおすすめです。


常に水分補給用のドリンクを持ち歩くと、体調の違いを感じることができるでしょう。

入浴

いわずもがな、疲労回復のために全身の血行を良くすることができる入浴はオススメです。
湯船にしっかりとお湯をはって毎日の習慣にすることで、疲労感の軽減だけでなく、血行促進によるダイエット効果があると分かれば習慣にしやすいのではないでしょうか?

疲労回復をして絶好調になることがボディメイクの最適化に直結します。


ストレッチ

ストレッチがなぜ疲労回復に重要かはここまで読みすすめてきた方はもうお気づきかもしれません。
筋肉を引き延ばすストレッチはそれ自体もカロリーを消費しますが、硬くなった筋肉を柔らかくすることで普段の血行を促進し、身体の隅々までエネルギー源を送り届けやすくします。


エネルギー産生を最適化するだけではなく、ストレッチによる筋肉部の物理的な刺激が筋トレをしたときのような筋肉の発達につながるホルモンの分泌を活発にすることでも、ボディメイクに効果があるのです( ´ ▽ ` )

呼吸・睡眠

呼吸がボディメイクに繋がることはなんとなく知っていても、しっくりきていない・方法をしらない方はおおいのではないでしょうか?
深い呼吸は酸素を多く体内にとりこんでミトコンドリアという脂肪燃焼に関わる細胞小器官の働きを活発にします。

また、寝る前の深呼吸で呼吸筋をストレッチし、動きをスムーズにしておくと、寝ている間の呼吸負荷(呼吸をする際にかかる負荷)が少なくなり、深い睡眠が得られやすくなります。
熟睡することは成長ホルモンなど脂肪燃焼や筋発達に重要なホルモンの分泌を高め、また体調を良くすることで日中の活動量を自然に高めることに繋がります。

疲れているときは、無意識に身体を小さく動かしていたり、ついエレベーターを多用しているものですよね。笑

寝る前3分のベッド上での瞑想やスワイショウを習慣にするだけで、翌朝の体調の違いをおおいに感じる方もいます。
寝る前の入浴やストレッチを合わせて習慣化できるとさらに高い効果が期待できますよ^ ^!

まとめ

今回ご紹介した内容に加えて代謝を最適化する為に必要なビタミンの摂取など、トライできるポイントはいくつかありますが、
『体調』をよくすることが『ボディメイク』を最適化する

ことは同じです。
トレーニングをしても、食事量を減らしてもどうもダイエットが進まない、という方は気持ちが先走りすぎて巡りや代謝がおざなりになっていることが非常に多いのです。
きついだけのダイエットで吐く、必要なことをしてボディメイクとコンディショニングを最適化し、素敵な気分で毎日を過ごせたら素敵ですよね( ´ ▽ ` )

以上、Mediness FIT・ トレーナーの安野勇太でした!