みなさんこんにちは!

Mediness FITパーソナルトレーナーの安野勇太です。

先日募集したボディメイクモニター(弟子)、早くも2人確定、候補が2人。

という状況。

このモニターを終えた段階で人に教えられるレベルまで身体(栄養素・筋肉・トレーニング・健康)について学び、

健康とボディメイクのプロフェッショナルになってもらうことを最終ゴールに設定しています。

健康と身体づくりに深い知識があるであろう安野と同じレベル(少なくとも身体作りに関しては)まで成長し、

『カラダ自由自在』

の健康の専門家として胸を張れるレベルを目指してきます^ ^!

と、前置きはここまでにして笑

今日は

疲れやすい≒痩せにくい体質

の方が体重を落とし、疲れ知らずの理想の身体をつくる為の方法を伝授していきます。

【疲れやすい体質の人が身につけるべき習慣】

いきなりショッキングなことをいうようですが、

疲れやすい≒痩せにくい人は 確かに存在します。

ただ、その人が痩せにくいのには必ず理由があり、遺伝以外の理由は意外なほど多いもの。

ここでは疲れやすく、痩せづらい体質の方をここでは

ヘトポチャ体質

と呼んでいきましょう。

ヘトポチャ体質の人の特徴は…

  • 疲れやすい。
  • 痩せにくい。
  • コンディションが悪いことが多く、考えが後ろ向きになりがち。

自分だ!と感じた人はいませんか?

実はこういう自覚のある人は案外多いもの。

ただ、繰り返すようですが、体重100キロを超えていた私、安野がカラダ自由自在になっているのです。

やってできない人はいません。

へとぽちゃ体質の人の特徴

  • 身体が冷えている
  • 日常生活での運動量が少ない。
  • カラダがカタイ。

などなど…このような特徴に当てはまる人はへとぽちゃ体質の人が圧倒的に多いでしょう。

ではこの体質を改善するにはどんなことをしていけば良いのでしょうか。

ひとつの答えは『習慣』にあります。

小さな習慣の積み重ね

もちろん、へとぽちゃ体質は日々の習慣がつくっています。

逆に痩せやすい体質を創るのももちろんその習慣。

ここからは痩せやすい体質をつくるいくつかの習慣をご紹介しましょう!

習慣1:水を飲む

へとぽちゃ体質の人に多い特徴として水分の摂取量が少ないことがあります。

こういう人は体重を落としてダイエットをしようと食事を減らしてはみても空腹感が強く、

食べたいのを我慢しているという人が非常に多いもの。

カロリー収支がマイナスでも、こういう人は身体がホメオスタシス(恒常性)という生体維持機能を発揮しやすく、

摂取カロリーを減らしてももとの体系を維持してしまいやすいのです。

さらに空腹感を我慢することでストレスがかかり、脳の疲労・疲労感を引き起こすというわけです。

そんな人は、とにかく『水を飲むこと』をおすすめします。

体内に水分が足りていないと、

・体液の循環の悪化

・空腹感の増大

・疲労感の増大

・ストレスの増大

などが原因で身体が体脂肪を溜め込もうとしてしまうのです。

また、これは次回以降でお話ししますが、

体脂肪燃焼を促進するカフェインを含む飲料(コーヒーや緑茶など)を摂取すると利尿作用により体内の水分量が減少します。

特にカフェインを含む飲料を飲んだ後は水分を意識的に摂取することが大切です。

そしてもうひとつ。

冷たい水で身体を冷やさないよう、白湯を飲むように気をつけて。

参考記事:-『空腹感』と『疲労感』を抑えて体脂肪を燃やす- 【水分摂取の方法】

習慣2:こまめにストレッチ・運動をする。

痩せにくい人におすすめしたい習慣の2つめがこまめなストレッチや運動です。

まとまった運動の時間を取ろうとすることはとても良いことですが(特に筋肉を発達させることが目的の高強度トレーニングをしたい場合は)、

一般的な生活をしている方の場合、1日の消費カロリーのなかでも、

通勤や掃除などの日常的な動作(NEAT)での消費カロリー運動での消費カロリーの2〜3倍と言われており、

スキマ時間の活用こそが消費カロリーを大きくするには重要なのです。

特に意識的に実践して欲しく、減量が始まると安野自身、必ず実践しているのが『スキマストレッチ』です。

ストレッチは、消費カロリーがあまりない為ダイエットにはあまり関係がないと思われがちですが、筋肉の柔軟性を保つことは

  • 血液循環の改善
  • 体温上昇による脂肪燃焼機構の活性化
  • 疲労回復による活動量のUP
  • リラックス効果による精神的ストレスの緩和(フィジオロジーによる)

セルフイメージを高めるためにも、

良いコンディションをつくるためにも身体をつくるためにも、

ストレッチは超有効です^ ^

習慣3:腸を整える

これを超強調したい。と常々思っています。

便通を改善することによる精神面への好影響からも腸は第2の脳と呼ばれますが、

逆にそれだけで表現しきるには勿体無いとすら感じています。

腸を整えることは、

  • 短鎖脂肪酸という身体づくりに良い脂肪酸を増やし、
  • 身体中で常に起こっている微小な炎症の発生を抑え、
  • 花粉症をはじめとしたアレルギー症状・体質を緩和し、
  • 気分を改善し、
  • 体脂肪の蓄積を抑えて必要な栄養の吸収をよくし…

などなどありとあらゆることに影響してきます。

乳酸菌や食物繊維の多い食事をすれば毎日を大きく変えることができる!

これは大げさでもなんでもないのです^ ^

以前にもご紹介しているスムージーを毎日の習慣に

まとめ

どうでしたか?

毎日の簡単な習慣で心身をコントロールし、さらにタフで自由になります。

豊かな人生を創るために、是非今日から取り入れてみて^ ^