こんにちは。

安野勇太です。

身体は一生。最高の人生を。

ご高齢の方の姿はあなたの未来の姿かもしれません。

この記事ではフレイルと高齢者の身体的な特徴について解説していきます。

フレイルとは

フレイルとは身体的・精神的にストレスに弱くなっている状態のこと。

もともとフレイルとは、海外の老年医学の分野で使用されている

「Frailty(フレイルティ)」

の日本語訳です。

フレイルを直訳すると、『虚弱』『老衰』という意味になります。

フレイルには色々な診断基準がありますが。

Friedが提唱したものだと、

  1. 体重減少:意図しない年間4.5kgまたは5%以上の体重減少
  2. 疲れやすい:何をするのも面倒だと週に3-4日以上感じる
  3. 歩行速度の低下
  4. 握力の低下
  5. 身体活動量の低下

のうち、3項目以上が当てはまるようなら、フレイルであると診断します。

1〜2項目なら、フレイルの前段階、プレフレイル

フレイルは身体活動の低下がフレイルの原因になる為、活動量を上げていくことがフレイルを起こさない為のポイントになります。

フレイルになると…

フレイルになると筋肉や各種臓器などの身体の機能が低下したり、

免疫力の低下から感染症にかかりやすくなったりします。

筋肉量が低下することや、つまづいて転倒することによって寝たきりになったり、

人との関わりが減ってしまうことによって鬱になってしまったり…

認知機能が弱くなってしまったり…

このように、特に高齢者の人生の質(QOL)を低下させたり、寝たきりの原因になってしまうのが、フレイルなのです。

高齢化が進む現代の日本社会のにおいて大きな問題とされています。

フレイルの原因

フレイルは身体活動が低下することが原因で起こりますが、

起こる要因は複雑に絡み合っています。

以下の図を見てみてください。

あっぱれ協会 – フレイル の基本的なながれ –

上の図のように身体レベルが低下すると、起き上がりや歩行の困難から、

精神的に活動的でなくなり、自尊心の低下から鬱や精神の虚弱状態が起こります。

すると、友人や地域の方との関わりも少なくなり、身体活動が自然に低下。

筋肉量や骨量が低下していく…

このような悪循環ができてしまうという背景があります。

このような、使わない機能が衰えた結果起こる症状を

廃用症候群

といいます。

廃用症候群とフレイルはきっても切れない関係位だと言えます。

フレイルの予防・改善

フレイルを予防改善を行うにはもちろん身体活動を増やすことが必須で、

各介護施設やリハビリ施設でも身体活動を高めるために運動指導を実施しています。

ではどのような運動プログラムが良いのでしょうか。

私は理想的なフレイル予防のための運動プログラムは、

  • 効果がしっかり出る内容であり、
  • 安全であり、
  • シニアの方が楽しくでき、
  • 継続できる

ものであると考えています。

効果をしっかりと出すためには正しい身体の動かし方が重要であり、

安全を確保するためにも、運動プログラムの構成や内容はしっかりと吟味した方が良いでしょう。

楽しい運動プログラムは精神的フレイル改善に役立つことも期待できるし、ご高齢の方達ご本人が進んで身体を動かしたくなれば、継続でき、自然に運動量も増えていきます。

『やらされている』でなく『やりたくなる』

そんなご高齢の方達の立場に立ってから考えた運動プログラムの実施がフレイル改善と予防の鍵となるでしょう。

まとめ

シニアの方達の未来は私たちの未来。

明るく良い景色を作るため、シニアの方達の為の『体操』を考えてみてはいかがでしょうか。

ひとつの『体操』から始まったあっぱれ協会のプログラムも、

座位メイン・立位メイン・つかまり立ちのもの・音楽を使ったもの…

現場で仲間と実践・研究を繰り返しながらノウハウを蓄積し、形になってきました。

これからも熱量を持って研究と実践・改善を繰り返していきます。

以上、Mediness FIT あっぱれ協会の安野勇太でした!

p.s.

フレイル改善の為の『体操』を実践していきたい方、施設で取り入れていきたいという方…ご相談がある方。

お気軽にコメント欄か以下コンタクトフォームからメールでお問い合わせください。

contact