こんにちは!あっぱれ協会講師の藤倉健太です!

前回の記事ではお尻歩きをご紹介しました。

意外と難しかった、反応がよかったなど、
様々な声が上がってきました!

今回の体操は、
お尻歩きよりも少しレベルを落とした体操です。

それでもかなり効きますので ぜひ参考にしてみてください!

『優しいお尻歩き体操』の方法

やり方は、

1.手を腰に当てる
2.右のお尻をキュッと持ち上げてゆっくり下ろす
3.反対側(左側)のお尻をキュッと持ち上げてゆっくり下ろす

これだけです!

今回は歩かないので、 片方のお尻を上げ下げするだけでOKです(^^)

もしも難しい場合は、
肘掛け付きのイスを使用して 肘掛けの部分を手で押してアシストしてもOKです♪

たったこれだけなのに効果は絶大!

1、骨盤回りの可動域が改善する
2、骨盤回りの血流が改善する
3、お腹の横(腹斜筋群)の筋力UP
4、骨盤の歪みを調整できる
5、体幹でのバランス能力が向上する

などなど、
様々な効果が期待できます!

しかも、この動きは普段はなかなかしないため、硬くなっている方も多く

より効果を実感しやすくなります!

さらに、 この体操を行うことによって

片麻痺や大腿骨骨折などで座り直しや、いざり動作(お尻を前に動かす動き)などが苦手になってしまった利用者様が

座り直すことが出来るようになったり、座位時の傾きなどが改善された例をたくさん見てきました!

骨盤回りの動きが低下してきてしまった利用者様ほど効果的なので、
ぜひお試しください!

では、今日はこの辺で(^^)♪