どうも!安野勇太です!

コルチゾールというホルモンを聞いたことがありますか?

身体を鍛えている人たちからは悪名高いホルモンで、

  • 筋肉の分解作用
  • 腹部の体脂肪の蓄積作用
  • 血圧の上昇作用
  • 血糖値の上昇作用
  • 成長ホルモン男性ホルモンの抑制作用

など、健康や身体づくりだけでなく、メンタルヘルスにも悪影響を与えます。

今回はこのコルチゾールの作用と影響、分泌量のコントロールのノウハウまでをまとめてみました。

コルチゾールの役割

コルチゾールの役割ついて詳しく説明すると、

心身にストレスがかかった際に

  • 筋肉を分解してエネルギー源である血液中のグルコース(糖)を作り出す。
  • いざという時に備えて、ネネルギーのストックとして効率の良い体脂肪を腹部に蓄える。
  • 血圧を上げて、危険な状態になった時にすぐに運動できる身体の状態をつくる。
  • 睡眠状態が悪くなり、疲労感を感じるようになる。

このような役割を持つホルモンです。

筋肉の分解や体脂肪の蓄積などなど体づくりのとってはマイナスの影響が強そうですね。

野生に生きているわけではない我々現代人も、危機に対して備える身体の機能が残っているため、

特に長期的なストレスがかかったときにこのコルチゾールは分泌されやすくなります。

また炎症が起こった際に、その炎症を抑える『抗炎症作用』も持っているため、

身体で小さな炎症が起こった時にもこのコルチゾールは分泌されます。

そしてコルチゾールが長期的な分泌が続くと、分泌器官である副腎皮質が疲れ切ってしまい、

副腎疲労

と呼ばれる状態になります。

副腎疲労になると慢性的な疲労感や気分の悪化に悩まされるようになります。

身体づくりのためにも、健康のためにも、コルチゾールの分泌量のコントロールはとても重要です。

コルチゾールをコントロールするために

コルチゾールは身体を守るために必要不可欠なホルモンですが、上で説明したように身体づくり悪影響も多いため、

分泌が増えすぎるのは避けたいですよね。

以下コルチゾールの分泌量を少なくする習慣をご紹介します。

心身へのストレスを減らして自然にコルチゾールの分泌を減らす方法で、

コンディションの改善も期待できます。

ぜひ、お試しください^ ^

コルチゾールの分泌量を減らす習慣

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • ヨガ
  • ストレッチ
  • 睡眠をしっかりとること
  • リラックスする時間をつくること
  • 野菜をしっかりと摂ること

これらの方法は心身をリラックスさせることで自然に身体の状態を良くし、

コルチゾールの分泌を減らすことに効果が期待できます。

逆に以下の習慣はコルチゾールの分泌を増やす習慣。

毎日の習慣を振り返ってみましょう。

コルチゾールの分泌を増やす習慣

  • コーヒーを日常的に飲む
  • 大気汚染や食品の添加物
  • 気温の変化
  • 食生活の変化
  • 持病や感染症など

知らず知らずのうちにやってしまいがちにこの習慣。

複数思い当たる人は要注意です。

コーヒーはコルチゾールの分泌器官の副腎皮質を刺激してコルチゾールの分泌を促進するので、

飲み過ぎはやはり副腎疲労を誘うので、1日3杯程度にとどめましょう。

筆者の安野体感では、休肝日ならぬ、

休副腎日

を作りコーヒーを飲まない週をつくるようにしたところ、体調が良くなりました^。

まとめ

いかがでしたか?

コルチゾールというホルモンの名前を聞いたことのなかった方も、

聞いたことはあるけど、詳しくは知らなかったという方も、

今回の記事を参考にして一度生活習慣を見直してみると、毎日を活発に過ごせるような良い変化があるかもしれません。

今回のまとめ記事も随時更新するのでまたTOPページからまとめ記事一覧を確認してみてくださいね!

ではまたお会いしましょう!

Mediness FIT マッドマッチョサイエンティストの安野勇太でした!

↓コルチゾールの関連記事はこちら