こんばんは!

RecoBody-リカバディ-トレーナーの安野勇太でございます^ ^!


実は最近、今まで通ってたジムをやめました(どーん)


ジムに通っている中、安野は気付いたわけです。


『俺、ほぼフリーウエイトしか使ってない…(がびーん)』

フリーウエイトとはバーベルやダンベルなど、マシン以外のトレーニング器具のこと。
ベンチプレス・バーベル・スクワット・懸垂・腹筋などがこれに当たります。



また改めてトレーニングと向き合う時が来ました。


『自分はなぜトレーニングをしているのか』


について再度考え直したのです。

学生の頃の安野



学生の頃の安野はとにかくトレーニング中毒でした。笑


コンテストで良い成績を収める為に、1日2時間のトレーニングを1日3回決行。
1週間で20回以上、実に40時間を筋肉のために費やしていました。


筋肉こそが私の青春…まさにリアル脳みそ筋肉だったわけです。笑


ただ、今新たに仕事を起こし、仕事に対する熱意が筋肉と同じか、もしかしたらそれ以上に大きくなって来ています。


安野の夢は
『とにかく多くの人が自信を持って生きられる世界をつくること。』
『身体から、人生の可動域を拡げること』



それが高齢であっても・障害を持っていても関係ありません。


『自立・自信・自由』
をつくることが仕事を通して作りたい世界です…!!











ちょっと暑苦しくなりましたが…笑


つまりトレーニングばかりをしていくのは、今やめているということです。笑


自分が今実践しているのは、
『短時間で』
『疲労を残すことなく(むしろ調子が良くなり)』
『身体をかっこよくするトレーニング』

です。


研究している間にこれに必要な要素をいくつか発見しました。

超時短トレーニング『ハイドライブコンボ(HDC)』



まず、短時間で終わらせるトレーニングは1セット(2〜4分)で終わらせる超時短トレーニングHDC(ハイドライブコンボ)。
これで決まりです。



インターバルの長いダラダラとしたトレーニングは時間がかかるし、やる気も起きません。
さらに体内のホルモンの関係から疲労も蓄積してしまいます。


呼吸を意識した高強度トレーニング法をしっかりと行なってゆきましょう!


超時短(HDC)に関しては以下の記事・動画から一例をご覧ください。


【1日5分】自宅トレーニングを極める為の3つのTIPS とRecoBody-リカバディ -トレーニング






体調を良くする RecoBody-リカバディ- 習慣



リカバディとは『絶好超ボディ』をつくるコンディショニング習慣です。


安野自身感じていることですが、トレーニングをするにも仕事をするにも、まずコンディションが悪いと効果は半減。
思うような効果を出すために、時間も長くなりがちで時間も体力も奪われてしまいます。


まず、絶好調を作ることから始めること。
トレーニングをするためのベースの状態を最優先でつくることをお勧めします^ ^!


瞑想・三首ストレッチ・お風呂や食事習慣など、安野の場合はひとつ意識するごとに体調が全然変わってきます。



こちらも過去の記事で一部解説しているのでよければご覧になってください。



空腹感をコントロールして我慢少なく健康的に体型をコントロールしてコンディションを整える 5つの食習慣


現代人の疲労回復にとって重要な食事-リカバリーメソッド『水分摂取編』-

最近の安野の近況

ということで最近の安野は仕事にばりばりと取り組みつつ、自宅でのトレーニングに力を入れております。
自宅で短時間、しかも絶好調をつくることで身体をつくることができるなら、こんなに素晴らしいことはないですよね!


さて、今日も身体をしっかりと動かして、笑顔で参りましょう( ´ ▽ ` )

ではでは、失礼致します!

安野と仲間とトレーニングで身体をつくるオンラインサロン はこちら