こんにちは!
あっぱれ協会代表の安野勇太です!

今日は3月からお世話になっている介護施設で、氷川(しんちゃん)とあっぱれ体操を披露してきました。
はじめは、見慣れない顔の安野が現れて戸惑っていた施設利用者さんも今では施設に行く度に笑顔を見せてくれ、いじってくれたりするわけです。笑

いじられ上手の安野←笑 はそうやって距離が縮まって行くのを感じることが心地よく、この関係の変化にいつも元気をもらって帰っています。
『この人たちと笑顔になる未来を創っていきたい。』

今日、同じく体操の場にいたしんちゃんもそう感じてくれたと思います。

全く、世代の違う私たちも、会話を通して仲良くなり、共に笑顔で体操をして身体を動かす。
皆さん、週1回の体操ですがしっかりと身体が動くようになってきているんですね。

立つための重心移動、必要な筋力や柔軟性。
最大限安全に配慮をしつつ、『身体』からもっと自由な心と人生を楽しく作っていけたら素敵じゃないですか!

さらにさらに、研究を重ねてカタチを創っていきます。
『 身体は一生 最高の人生を 』

共に、笑顔と自信に満ちたになる未来をつくります。