皆さんおはようございます!

寒い!

Mediness FIT の安野勇太ですb

皆さん最近お魚、食べていますか?
安野が肉卵肉卵言っているからもしかすると二の次にしてしまっていたらごめんなさい←

なんせ魚も身体づくりには重要なんです。

今日は魚と健康、ボディメイクについてお話していきますね。

まず魚の脂、DHA・EPA!

魚の脂が健康に良いと聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。
魚に多く含まれるDHA・EPAというオメガ3脂肪酸は血中のLDL(俗にいう悪玉コレステロール)を下げ、脂質異常を改善します。

これだけを聞くと健康診断に異常がない方は興味があまりわかないかも知れません。
ですが、週に2回~3回ディナーのメインディッシュを魚に変えるだけでコレステロールの値だけでなく、かっこいい身体づくりにも効果がてきめんだと聞いたらどうでしょうか?

インスリン感受性up!

皆さんはインスリン感受性という言葉をご存知でしょうか?
糖質を摂取して血糖値が上がると私たちの体内ではインスリンが分泌され、細胞にエネルギーそ取り込む働きが起こります。
血糖を細胞に取り込むインスリンですが、単に糖質に関連した作用があるだけではなく、
筋肉の合成、また、脂肪細胞の肥大にも大きく関係しているのです。

脂肪燃焼&筋量アップ!

筋肉がインスリンを感じやすいと、食事から摂取して血中を流れているエネルギー源(アミノ酸や糖質)が筋肉に取り込まれやすくなる。
つまり脂肪に流れる量が減るということも言えます。

素敵じゃないですか?

この筋肉への分配が上がる効果を私、安野は筋肉の扉を開くと表現しています。

ネーミングセンスはすみません←

糖尿病予防にも効果あり

また、インスリンを細胞が感じやすくなるという事は、少量のインスリンの分泌で十分血糖値を下げられるという事。

インスリンを分泌している膵臓が疲れなくてすむので、糖尿病予防にも効果を発揮します。

魚を多く食べる方のほうが糖尿病になるリスクが下がったという研究結果も出ています。

頭も良くなる!

さかなさかなさかな~♪

ってね!
あの歌は本当なんです。

DHAは脳の神経細胞を構成する重要な脂質。
DHAをしっかり摂取することで脳の神経伝達を高め、ハイパフォーマンスを日々発揮できるかもしれません。

また、脳内の活性酸素はアルツハイマー型認知症の原因になることが知られていますが、DHAはその活性酸素の除去にも大きく関係しています。

今の脳力。未来の脳力。

どちらにとっても魚を食べることを強くお勧めします。

まとめ

なにより魚は良質なタンパク質を含んでいるのです!←

結局それかい!とつっこまれそうですが、、笑

なにが言いたいのかというと、身体づくりにも健康づくりにもすごく良いのです!

以前から度々話に出ているストレスホルモン・コルチゾールの分泌も抑える働きがあり、メンタルヘルスにも効果的。
身体の炎症を抑えるのにも効果的。
その他にもまだまだ健康面に良い効果があります。

私の場合は、卵や肉、乳製品メインのタンパク質摂取を、週に2回程度魚から摂るように意識しています。
外食で迷ったときにたまに意識して回転寿司や魚介丼にするだけで、きっと未来は変わります。

健康にとってもかっこいい身体にとっても、気持ちにとっても
ストレスを最小限に、幸せな人生になる生活を提案したい!

うん。
我ながら良いことを言った←

そんなこんなで安野でした。
うおうおうお!笑

p.s.
最後のやつは魚魚魚と書いてうおうおうお、と読む笑い方としてとらえて頂ければ問題ありません。
ワンピースでいうシャハハハ!とかグラグラグラといったキャラクター独特の笑い方に近いものとご理解頂ければ幸いです。
今後もMediness FIT一同 をよろしくお願いいたします。←支離滅裂