皆さんこんにちは!

Mediness FIT の安野勇太です!



私のアメブロを以前から読んでくれている方はご存知かもしれませんが
ちょくちょく息をすることの大切さについてつぶやいてきました。



食欲や日々の集中力・身体づくりの為にも深く息をすることはすごく大切です。



今回は呼吸とダイエットの関係についてお話していきます。

腹式呼吸が大切

腹式呼吸という言葉を聞いたことのある方は多いと思います。

息を吸うときにお腹が膨らむように横隔膜を動かし、
逆に吐くときはお腹が凹むように行う呼吸です。

人間は緊張したり興奮すると、胸を膨らませて息を吸い込む胸式呼吸を自然に行うようになっています。
激しい運動をして胸で呼吸をし、肩が上下に動く。

肩で息をするという、あれですね。

これは呼吸に限らず色々なことに言えるかと思いますが、行動や認識によって脳や身体が本当にそのような状態になる。

人はリラックスしている時は、自然に腹式呼吸を行っている為、
意図的に腹式呼吸を行うことで、緊張した脳や身体をリラックスさせることができるのです。

呼吸が健康に与える効果はかなり前から経験的に知られていて、
・落ち着くために深呼吸をする。
・ヨガや座禅で心身のバランスをとる

などの使い方は広く知られています。

これだけ多くの人が知っていて簡単に取り入れられることなのに、ほとんど日常的に実践している方がいないのはとってももったいない気がします。

腹式呼吸で得られる健康効果

ヨガや座禅で腹式呼吸を行うと身体は副交感神経が活性化してリラックスします。
副交感神経が活性化すると血管を収縮させて血圧を調節している筋肉が緩み、『血圧低下』
身体的・精神的なストレスが緩和され、コルチゾールというストレスホルモンの分泌が抑えられることによる『血糖値の低下・血圧の低下』
血流が良くなることでの『脳機能の改善』

など様々な健康効果が得られます。

世界で活躍するビジネスマンやアスリートの中にも座禅やヨガを取り入れている著名人が多くいます。

仕事で能力を存分に発揮して活躍したい・ストレスなく円満な家庭を気づきたい。
全ての方にとって、呼吸法を日常に取り入れることはおすすめできると思います。

あのアップルの元CEO・スティーブジョブズも取り入れていたそうですよ。

腹式呼吸とダイエットの関係

健康志向の方はもちろん、熱心に身体づくりに励まれている方にも腹式呼吸をお勧めします。

先ほどもちらと書きましたが、腹式呼吸を行うことで、ストレスホルモン・コルチゾールの分泌が抑えられます。

このコルチゾールは血圧や血糖値を上げるだけでなく、筋肉を分解したり、腹部の脂肪を蓄積させる、ボディメイクにとってはあまり嬉しくないホルモン。

呼吸を正しく深く行い、身体的、精神的なストレスを抑制することで自然にコルチゾールの分泌を抑えることで筋肉質なかっこいい身体づくりにも一役買うことは間違いありません。
また、血流が改善して栄養が身体のすみずみまでいきわたることで、トレーニングからの回復も促され、次回のトレーニングでより良いパフォーマンスを発揮することができます。

部位別ベストエクササイズ

上の記事でも触れていますが、毎回のトレーニングで回数を伸ばしたり、より強度の高いトレーニングを更新していく事が身体づくりには必須です。

ま!

なんにせよ、正しくトレーニングをして正しく回復!

筋肉と健康を同時に手に入れられる腹式呼吸をまずは1日5分、取り入れてみてはいかがでしょうかという安野からの提案でした!

うんうん。

まじめに話した。

よし。では、

ばいまっちょー!