みなさんこんにちは!

身体心理学の専門家、安野勇太です。

突然ですが、みなさんは自分のことを普段どんな人間だと感じていますか?

自身に溢れた・清潔感のある・優しい・気の弱い…

誰しも自分自身に抱く印象(セルフイメージ)を持っています。

実は、そのセルフイメージがプラスの人ほど、さまざまな場面で能力を発揮しやすく、またアグレッシブに行動できるのです。

今日はそのセルフイメージを言葉でコントロールする方法、

『アファメーション』

についてご紹介していきます。

今日の記事はこんな人にオススメ

  • 肯定的な価値観を身につけたい方
  • 叶えたい夢や目標がある方
  • 周りとのコミュニケーションを円滑にしたい方

アファメーションとは

アファメーションとは、自分自身に対する肯定的な宣言のことです。

直訳すると、肯定・確定・断定といった意味がありますが、自己啓発の分野では、「私はできる」や「私はもっと良くなる」など、自分自身への宣言をアファメーションと呼んでいます。

スポーツが好きな方は、アスリートが『俺にはできる』と自分に語りかける場面をみたことがあるかもしれません。

あれもアファメーションの効果を狙った行動のひとつなのです。

自己認識の可能性は心理学や脳科学の観点からも注目されているのです。

アファメーションを使いこなす為に

アファメーションを使いこなす為には、いくつかのポイントがあります。

まずは、断定すること

アファメーションは断定的に宣言することで効果を発揮します。

まずは自分自身が理想とするその状態になりきって具体的にイメージし、『理想の状態に近づいている今の状態を現在形で終えるように宣言します。』

アファメーションをつくる為にも、自分の理想・目標をしっかりと定義していることが重要です。

そして2つめは『ポジティブなイメージからアファメーションをつくること』です。

ネガティヴは今の状態を認識するような、

『今は苦しいけど、私は必ず耐えられる』

といった内容のアファメーションは、逆効果になってしまうので、間違っても勘違いしないようにしてください。

まず、理想の未来を定義するところから始めることがポイント。です。

アファメーションは自己認識と他己認識両面に作用する

アファメーションは自己認識(セルフイメージ)に作用しますが、使う言葉は他人が感じる自分の認識にももちろん影響します。

ポジティブな言葉を発ししている人の近くに行きたいと思うでしょう。そして、そんな肯定的な価値観や雰囲気を発している人は周りに愛される可能性が高いですよね。

人生や毎日を上手くいかせるためにもポジティブな言葉づかいをすることは良い影響があります。

使わない方が良い言葉

逆に普段から意識的に使わない方がいい言葉もあります。

それは否定的な言葉、相手の発言を否定したり・自信を奪うような言葉は相手の気分とやる気を削ぐし、それを使っているあなた自身のセルフイメージを下げていきます。

ポジティブな発言をすることに初めは抵抗があるという方もいるでしょう。

そんな方は周りに元気を与える為に…という意識でポジティブな発言をしてみると案外スムーズに良い言葉遣いを実践し始められるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

ポジティブな言葉を使うことで、周囲とあなた自身のやる気とセルフイメージ・そして能力を高めます。

あなたの普段の言葉遣いはどうですか?

どんな言葉を使っているか・肯定的な言葉にしていくにはどうすれば良いのか。

に意識を向けて言葉をリストアップしてみると良いかもしれません。

安野主催の 身体と働き方と思考を学ぶサロン、MFCではリストアップした言葉を提案・解説しています。

興味のある人は覗いてみても面白いですよ。

以上、安野勇太でした。

またお会いしましょう!