前回、グリコーゲンの貯蔵量がトレーニング時の体タンパク質の分解に影響を受けるとお話ししました。

エネルギーが十分に補給されているかが筋たんぱく質の合成には重要です。グリコーゲンについてもう少し深く見ていきましょう。

トレーニングや運動時、グリコーゲンは大量に消費されます。大量に消費したグリコーゲンを素早く回復しなくてはなりません。

そのために、できるだけ早く糖質を補給することが大切です。筋グリコーゲンの貯蔵回復するのが、トレーニング終了後が一番早く、終了1時間以内までが貯蔵が続きます。

トレーニング終了後1時間以内に糖質を補給する、と言われる所以ですね。同じ量の栄養を補給しても、トレーニング終了後からどのタイミングで補給するかによって、グリコーゲンの回復が変わってくるのです。

また、体タンパク質の合成も同様のことが言えるのです。

トレーニング終了後は、筋肉の感受性が高まり、体タンパク質の合成を促進するインスリンの量も少量で促進作用が大きくなります。

トレーニング終了後すぐに、糖質を補給すると同時にタンパク質も補給することが望ましいといえます。

また、エネルギー代謝に関わる栄養素やビタミン類も一緒に摂取することでさらに回復を早められます。

おにぎりや果物、ゆで卵などは手軽に用意でき、持ち運び、携帯するのも便利です。

トレーニング終了後、どんなに疲れていても、簡単な糖質、栄養補給を忘れないようにしましょう。

また、食事や間食につてもお話ししたいと思います。